カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ サイトマップ
 

堅焼きせんべいの作り方 生地から手作りのせんべい製造方法

せんべいの作り方
みなさん、お煎餅ってどうやって作るか知っていますか?
一般の方にとってお煎餅作りを見る機会はなかなかないと思います。お近くのお煎餅屋さんで焼いている姿は見ることができても、生地作りは多くの機械を使って作られるものですから別の工場や外注をしているお店がほとんどです。
当店では生地から製造しておりますので、こちらのページではせんべいの作り方をご紹介いたします。


お米を研いだ後の状態ですまずはお米を研ぎます。
大きな水槽の中にお米をどっさり入れるので規模は大きいですが、ご家庭でお米を研ぐのと方法は同じです。
水が乳白色になったら水を捨てすすぎます。この写真はすすぎ終わったお米です。
研いだお米の水気がぬけるのを待って、今度はこれを粉にしていきます。製粉は当店では旧式の機械、石臼にモーターがついただけのもので挽いていきます。そのためどのくらい細かくするかは触った感覚だけで決めていきます。粉の細かさは直接おせんべいのおいしさにかかわるので、気を引き締めて作業します。作業中は粉が舞うので、頭は白髪になってしまいます。 お米を粉にする製粉をします。
ボイラーで蒸気を作りますこちらはボイラーです。
といだお米を蒸かすために蒸気を作る装置です。
かっこいい機械ですが原理は簡単で、火でお風呂を沸かすようなものです。
沸いた時にでる蒸気をパイプに通して出口を狭くすることで高温で高圧力の蒸気を作ることができます。
こちらは蒸練機といいます。中でお煎餅を練りながら蒸気をあてて炊く機械です。中に粉と水を入れるのですが、この水加減が非常に難しいのです。多すぎると柔らかくコシがなくなり、少なすぎると堅くなり、お煎餅の形にするのが難しくなります。また蒸気をあてる時間によっても変わってくるので、粉の持つ水分量を感じながら作業していきます。 蒸練機でねります。
炊きあがったところです。炊きあがるとこのような状態になります。これを今度は練るだけの機械に入れ、しっかりと練ります。綺麗な棒状に練りだされるお餅(シンコ)は再び練り込まれ、この後「のし」と言われる作業へと移ります。
こちらはのし風景です。のしとは「伸す」という意味でお餅を平に伸ばして、型にはめて形をつくっていきます。型を変えれば丸いおせんべいからだるま型、提灯型、文字入れ、大きな煎餅まで色々作れます。機械がアナログなので、歯車がむき出しなところもあり、古き良き機械、頑丈で壊れないけれど危険のはらむ当店の愛機です。 せんべいを形づくる「のし」です。
とうとう焼いていきます。形を作ったおせんべいは網に乗せられ、乾燥室へと運ばれます。乾燥させた後しばらく寝かせ、その後天日干しをしてようやく生地が完成します。その後すぐやけるかと思うとそうではなくて、焼く前に一度「火炉」にかけなくてはいけません。火炉(ホイロ)は煎餅を焼く大事な前準備で、熱い乾燥室で暖め乾燥をします。生地を焼くのに適切な水分量にしていくのですが、火炉が足りないと生地は固まってしまい焼きあげることができません。逆にかけすぎると割れてしまいます。
こんがりと焼け上がった素焼きのお煎餅です。火加減によってお煎餅は堅くなったり柔らかくなったりするので、お煎餅屋の職人の好みによって個性がでます。堅めに焼くには弱火の火で焼き、芯に火が通ったところで今度は強めの火で表面に焼き色をつけていきます。 焼きあがった素焼きのおせんべいです。
せんべいの肝、醤油です。おせんべいにつける醤油は大きな鍋で煮込んで作ります。当店秘伝のブレンドでおいしい醤油のお煎餅ができあがるのです。醤油を煮込むとあたり一面醤油の匂いがたちこめ、独特の雰囲気がお店の周りをおおいます。
壺にいれた醤油へ焼いたばかりのせんべいをさっとくぐらせます。すると食欲そそるおいしい焼き立てが出来上がります。アツアツの焼き立てはお店だけで食べられます。ぜひご来店の際には焼き立てをお召し上がりください。ご注文いただければその場でお焼き致します。 醤油つけたてです。
職人社長が焼きます。つけた醤油はバットにならべ、余分な醤油をきったあと、乾燥させます。バリバリと食べられるようにしっかり乾燥させてから袋につめます。当店自慢のお米が薫る「堅焼き」の完成です。おいしい堅焼きをお探しのお客様はぜひ一度お試しください。
堅焼きは1袋13枚入り、630円です。味も製法も変わらない、本物の味をどうぞ。お米は国産のコシヒカリを100%使用しております。 自慢の堅焼きです。

ページトップへ